第9回放射線安全管理測定研修会のご案内  
  放射線測定器の基礎と特性を理解し、患者被ばく線量の測定ができることを目的とした研修会を開催します。法改正や最近の被ばく低減でのDRL、実習では測定方法を基礎から学び、病院での診療放射線技師の役割でもある、被ばく低減を目的としています。


申込みは下記リンクよりお願いします
    <<申し込む>>

予定: 日本X線CT専門技師認定機構3単位
JART カウント付与研修会
 
日 時 平成30年1月20日(土)14:00~17:30
 
場 所 姫路赤十字病院 3階多目的ホール
 
参加費 500円  会員以外3,000円  
内 容 <講 習>
『CTDI測定に必要な線量計とは?』
~線量計の取扱い注意点、校正について、最新の線量計の紹介~ 30分
   東洋メディック株式会社 大阪支店営業部 磯浜 隆宏 先生

『CT検査の被ばく低減を目的とした画質担保の考え方』30分       
   神戸労災病院 小柳 宜紀 先生

『CT撮影領域の被ばく線量測定と評価』Dose Reportの有効活用~ 60分~
   甲南病院 井本 正彦 先生


<実 習>
装置を使用して実習します(1班15名2班に分かれて行う予定) 80分

A班:CT室にて実習「CTDIwの測定実習」
B班:『Catphanファントムを使用した画像解析』~定量的評価が一瞬に~
(約30分で入れ替わり実習といたします。実習終了後、解説いたします。)
  甲南病院 井本 正彦 先生
  東洋メディック株式会社 大阪支店営業部磯浜 隆宏 先生

(日本X線CT専門技師認定機構ポイント申請中)
 
募集人数 30人(定員になりましたら〆切します)
(日本X線CT専門技師認定機構:受講者単位数3単位:現在申請中)
 
問い合わせ 兵庫県放射線技師会事務所
TEL 078-351-5172
姫路赤十字病院 放射線技術部 岩見 守人
MAIL: morimori@hrc-hp.com
 
  第6回兵庫県放射線技師会読影セミナー
第13回兵庫県学術研修フォーラムのご案内
 
  今回は腹部領域の画像診断をテーマに、医師・技師からの講演を予定しております。
つきましては、ご多忙のところ誠に恐縮に存じますが、万障お繰り合わせの上、ご出席賜ります様お願い申し上げます。
※医療画像情報精度管理士更新カウントの対象となります。
 
日 時 平成30年1月27日(土)14:00~16:30
 
場 所 エーザイ株式会社 神戸コミュニケーションオフィス
神戸市中央区東川崎町1-7-4ハーバーランドダイヤニッセイビル17F
 
参加費 会員500円 非会員2,000円  
内 容 医療従事者間コミュニケーションアプリ「Join」
  講師:(株)リクルートメディカルキャリア 事業開発部
            ICTソリューショングループ 内藤 洋子氏

読影に役立つ画像処理-腹部領域-
  講師:兵庫医科大学病院 放射線技術部 青山 周平技師
腹部領域の画像診断
  講師:兵庫医科大学病院 放射線科 助教 加古 泰一先生
 
募集人数 ***
 
問い合わせ 兵庫医科大学病院 放射線技術部 酒井 敏行 池内 陽子 
TEL 0798-45-6150